公社トップ県営住宅> 模様替え等承認申請の一部変更について

「模様替え等承認申請」の一部変更について


 入居者の皆さんの快適生活のために、県及び住宅供給公社では一部の「模様替え等承認申請」手続きの簡素化を行いました。しかし住宅全体の安全確保のため、それぞれの「承認基準」を必ず守って機器の設置等を行ってください。

 不明な点は、住宅管理課へお問い合わせください。 電話(022)263−0322

(平成15年4月1日から実施)


承認申請が不要となったもの

 項 目 基準等 注意点等
ガス瞬間湯沸器の設置 @供給能力が5号以下で湯栓が元止め式のものを、流し台正面の取付受け木・受け金具へ設置してください。 換気扇が付いていない住宅には設置できません。換気扇を設置すれば可能ですが、その際は承認申請が必要です。
A配管工事及びガス工事の資格を有する者に設置を依頼し、消防法他の規定に基づき設置してください。  
     
電気容量(アンペア)の変更 入居中の住戸の最大契約容量まで変更できます。

 住宅ごとの最大契約容量
  20A以下
  ・改良幸町(3〜6号棟)
  ・多賀城八幡(B,E棟)
  30A以下
  
・その他の住宅  
  
退去するときは、元に戻す必要はありません。
     
ルームエアコンの設置 @電源電圧が100Vであること。 200Vのものは設置できません。
A室外機は、必ずアースを取って、ベランダに設置し、排水処理を適切に行ってください。 ・ベランダ以外の共用部には設置できません。
・ベランダは火災等緊急時の避難通路になります。避難の障害になる場所(隣との境の隔て板の前や、上階の避難ハシゴが降りる場所)などには設置できません。
B必ずエアコン専用コンセントに接続してください。
 
・エアコン専用コンセントが設置されていない住宅では、各戸分電盤から専用の電気回路(ブレーカー)にて専用コンセントを設置してください。
 この際は、専用コンセントは露出型アース端子付きとし、アース端子は各戸分電盤の接地端子に直接接続してください。
※窓用エアコンや冷房専用エアコン等、最大運転電流が暖房時・冷房時ともに10A未満の機種は専用コンセントを設置しなくても構わない場合もあります。
Cコンクリート躯体及び外に面した開口部の建具等を損傷しないでください。 壁にスリーブ用の穴を開けたり、窓のサッシ枠を切り欠いたりしないでください。
 
 





 
 

(陽だまり 2003年 夏号)